【ダイキン空気清浄機】「MCK-55N」と「MCK-55P」の違いは?

ダイキンの人気空気清浄機
「MCK-55N」と「MCK-55P」、この2機種の違いについてわかりやすくまとめました。

●発売年が違う

2012年に発売されたモデルが、「MCK-55N」
※ちなみに、MCK-55Nとまったく同じ機種なのが「ACK-55N」

⇒ 「MCK-55N」と「ACK-55N」の違いについて

翌年2013年、MCK-55Nの後継機として発売されたのが「MCK-55P」

※こちらも、MCK-55Pとまったく同じなのが「ACK-55P」という機種
⇒ 「MCK-55P」と「ACK-55P」の違いについて

●新機種「MCK-55P(ACK-55P)」に追加された新機能あり

■『新・eco節電』で無駄を省いて節電!
2012年モデルも、2013年モデルも、1日の電気代めやす4.7円は同じです。が!!2013年モデルに新登場した『新・eco節電』モードを使えば1日の電気代はたったの2.7円!
『みはり運転モード』を使えば、空気の状態をチェックしムダを省いて節電できます。空気がキレイになったら主な機能を停止、空気の汚れを感知すると「しずか」or「弱」で自動運転。

■新機能『きれいサーキュレーター』で温度ムラを軽減!
温度センサーが室内の温度ムラを見張って、室内の空気を効率よく循環させることができるようになりました。加湿機能でお部屋全体にまんべんなくうるおいを届けることができます。

■0.1~2.5μmの粒子を99%除去
2013年モデルには「PM2.5への対応」が明記されています。2012年モデルには「PM2.5への対応」の記載なし。でも、どちらのタイプもPM2.5対応しています!

■大人カラー「ミッドナイトブルー」「ディープブラウン」が新登場!
深みのある大人カラーが新登場!濃青の「ミッドナイトブルー」とシックな「ディープブラウン」は、どちらも大人な雰囲気が漂う隠れ人気色!男性のひとり暮らしや、書斎などにもピッタリ。

空気清浄機おすすめPR

コメントを残す