メンテナンスしやすい加湿空気清浄機2014│シャープ・パナソニック・ダイキン

空気清浄機大手3メーカーといえば、パナソニック、ダイキン、シャープ。

今回は、この3メーカーでも人気のある機種の中で、
メンテナンスしやすい加湿空気清浄機をご紹介します!

空気清浄機を選ぶときのひとつのポイントとして参考にしてくださいね。

■メンテナンスお手入れしやすい加湿空気清浄機2014

kuukiseijyoki_hikaku

加湿器ってお手入れをこまめにしなくてはいけないのはご存知ですか?

加湿に使っている水をそのままにしておくと、カビが生えたりヌメリが出てきたりするので、定期的な水洗いが必要になります。もちろん、給水タンクの水は入れっぱなしではなく、1日に1回は新しい水に入れ替えましょう。連日同じ水を使うのはおすすめしません。

ちょっとお手入れが面倒な加湿器付き空気清浄機。
シャープダイキンパナソニックから出ている加湿空気清浄機の加湿部分について、水をいれるウォータータンクや、トレーの洗浄、フィルターの取り外しや清掃のしやすさ、取り外しのパーツの数などを比較してみました。

SHARPシャープの人気加湿空気清浄機「KI-DX70

シャープ│加湿空気清浄機「KI-DX70」プラズマクラスター

【シャープKI-DX70の特徴】
静電気抑制機能を搭載している、シャープの中でも人気の加湿機能付き空気清浄機「KI-DX70」
ロボット掃除機にも搭載されている「音声ガイド機能ココロエンジン」で、湿度や空気のヨゴレなどを案内してくれます。風量が強力な分、運転中の動作音が若干大きめです。給水時に自立してくれるタンクなので、給水時や洗う時にも便利です。

【お手入れのしやすさ】
・加湿していないときは加湿フィルターが水に浸からないような工夫あり。カビが付きにくいです。
・給水タンクの口の部分が広いので中を洗いやすいです。
・簡単にうしろパネルに貼って、汚れたら剥がして交換できる「お掃除らくらくカバー」付き!
ホコリやペットの毛、タバコのヤニなどをキャッチしてくれるので、面倒なお手入れ回数もグッと減ります。

広いお部屋にはこちら!ワンサイズ大きな大容量モデル
シャープ加湿空気清浄機【KIDX85】

DAIKINダイキンの売れ筋加湿空気清浄機「MCK70P

ダイキン│加湿空気清浄機「MCK70P」水を除菌!

【ダイキンMCK70Pの特徴】
独自の電気集じん方式を採用しており、空気清浄機能的にも世界トップクラスの高機能「MCK70P」
カビ菌、アレル物質、ニオイなどを本体内部で分解・除去する「ストリーマー」と、抑制する「アクティブプラズマイオン」のダブル方式を搭載した大人気機種。季節に応じたモード(花粉モード、のど・はだモードなど)や留守番モード搭載。

【お手入れのしやすさ】
・加湿水を清潔に保つ!加湿用の水を除菌してくれるのはダイキンだけ
・電気集塵部は、洗面所でも洗えるサイズなので便利
・タンクの中まで手が入るように設計された「大口給水タンク」
・ただし、内部パーツが多い分、取り外しする際に若干の手間がかかる

【関連おすすめ記事】口コミ&満足度&コスパが高い「ダイキンMCK-70P」
ダイキン加湿空気清浄機【MCK70P(ACK/TCK70P)】2013モデル│価格・効果

パナソニックのハイスペック加湿空気清浄機「F-VXJ70

パナソニック│加湿空気清浄機「F-VXJ70」スピード集じん

【パナソニックF-VXJ70の特徴】
目に見えない汚れをスピード集じん&業界トップクラスのたっぷり加湿をしてくれる「F-VXJ70」
パナソニックの加湿空気清浄機の中でもハイブレードなモデルです。人やペットを察知したらすぐに集じんがスタートする「ひとセンサー」付きで、花粉やホコリを先回りして集じんしてくれます。

【お手入れのしやすさ】
・加湿機能付きの空気清浄機の中で一番シンプルな構造です
・前面パネルを外すだけで楽々フィルターが取り外せます
・集じんフィルターは掃除機などで吸引するだけ
・加湿フィルターは水で押し洗いするだけ、つけ置き洗いが不要

広いお部屋にはこちら!ワンサイズ大きな大容量モデル
パナソニック加湿空気清浄機【F-VXJ90】

お手入れが楽なのはパナソニックF-VXJ70

メンテナンス性だけを考えると、前面パネルの取り外しがしやすい「パナソニックF-VXJ70」がおすすめです!デザインもとってもスタイリッシュなので、自宅のリビングや、おしゃれなショップに置いている人も多いです。

でも‥お値段がちょっと高めなのと、サイズが大きすぎるのが難点。

そこでおすすめしたいもうひとつの加湿空気清浄機は、ハイスペックモデルの中でもコスパが高いダイキンの「MCK70P」
加湿する水自体を除菌してくれるので、カビの発生を抑えてくれて、なおかつ加湿空気清浄機本体の中で、菌を分解するのはダイキンだけです。

★メンテナンスのやりやすさで選ぶなら、「パナソニックF-VXJ70」

★コスパと除菌にこだわるのなら、「ダイキンMCK70P」

★簡単に使いこなしたいという人には、空気清浄機の使い方や部屋の空気状態を教えてくれる、「シャープKI-DX70」

をおすすめします!

空気清浄機おすすめPR

2 Responses to “メンテナンスしやすい加湿空気清浄機2014│シャープ・パナソニック・ダイキン”

    • はじめまして、コメントありがとうございます!

      加湿の水除菌について、私の説明不足によるものだったと反省しています、、、
      ご指摘にありました「水除菌対策」について、各メーカーを比較した新しい記事をまとめ始めました。明日かあさってに更新する予定ですので、そちらを参考にしていただけましたら幸いです。

      貴重なご意見ありがとうございました。これからも当サイトをよろしくお願いいたします!

コメントを残す