トーカ堂オリジナル【シャープ加湿空気清浄機「KC-30T3」】を徹底調査!

※2015年2月21日更新
トーカ堂テレビショッピングで連日紹介されている、トーカ堂イチオシ商品のひとつ

シャープ加湿空気清浄機【KC-30T3】高濃度プラズマクラスター7000搭載

他のシャープ空気清浄機とどう違うの?
プラズマクラスター7000と25000ってどう違うの?
トーカ堂のKC-30T3を買ってもいいの?

という質問にズバリお答えします!

トーカ堂オリジナル「シャープ加湿空気清浄機【KC-30T3】」基本スペック

すばやく除菌、浄化、脱臭でお部屋の空気をリフレッシュしてくれる、『高濃度プラズマクラスター7000搭載』のシャープ加湿空気清浄機です。
シャープ加湿空気清浄機「KC-30T3」は、トーカ堂のみで取り扱っているトーカ堂オリジナル商品なので、トーカ堂ショッピングのみでしか購入できません。

●楽天市場はこちら⇒ トーカ堂TVショッピング楽天市場店

お得に購入できる2台セットが人気です!

トーカ堂オリジナル│シャープ加湿空気清浄機「KC-30T3」

販売価格(税込) 16,800円 (2台以上同時購入時の1台あたりの値段。1台のみの場合は19,800円)
カラー ブラック・ホワイトの2カラー(エンボス加工)
サイズ 幅375×奥行205×高さ535、重量:約6.1kg
フィルター
(集塵用・加湿用)
集じん脱臭一体型フィルター【FZ-Y30SF】(交換目安:2年)
加湿フィルター【FZ-Z30MF】(交換目安:5年)
主な機能 ・高濃度プラズマクラスター7000搭載
・プラズマクラスターシャワー

■高濃度プラズマクラスター7000

自然界と同じイオンで空気を浄化する、シャープ独自の「プラズマクラスター」技術

 空気浄化(空気の汚れをキレイにします)
富裕カビ菌の除菌、浮遊菌の作用を抑える、付着カビ菌の増殖を抑える、ダ二のふんや死骸等の浮遊アレル物質の増加を抑える

 脱臭(浮遊している臭いの脱臭と原因菌の作用を抑制)
たばこの付着臭を分解・除去、衣類についた嫌な汗臭を「スポット脱臭」、部屋干し衣類の生乾き臭を「スポット脱臭」

 静電気除去(冬場や乾燥時の静電気発生を抑えます)
静電気を抑えることで、ホコリなどの付着を抑えます

 フェイスケア(お肌にツヤ・ハリなどをあたえます)
お肌にツヤやハリを与える、キメを整えるなどの女性に嬉しい効果
(※お肌への効果は、高濃度プラズマクラスター25000搭載モデルのみ)

■プラズマクラスターシャワー

浮遊アレル物質(ダニのふん・死がい)や、気になるニオイ等、空気の汚れを集中的に浄化します。

■高濃度プラズマクラスター7000と25000の違いは?

イオン濃度の違いを表しています。
濃度が高いほど効果が高くなって、付着臭の脱臭スピードが「約1.5倍」、静電気の抑制スピードは「約4倍」にアップしています。
濃度の高い「25000」には、お肌のツヤ・ハリをアップして決めを整える効果があります!(「7000」にはない機能です)

 トーカ堂オリジナル│シャープ加湿空気清浄機「KC-30T3」は買い?!

「KC-30T3」はトーカ堂オリジナル商品ですが、市販されているシャープ空気清浄機の中に似ている商品があります。トーカ堂モデルに一番近いのは、2011年に発売されたシャープ加湿空気清浄機「KC-A50」です。

このモデルをベースに、トーカ堂さんはオリジナル商品を作っているんだと思います。

ですが、、、、
この2つの機種、よーーーくスペックを見てみると、、、、

市販モデルの「KC-A50」の方が機能的に上なことが発覚↑↑↑

「KC-30T3」と「KC-A50」を徹底比較!

●【浄化方式】 同じ
加湿+「高濃度プラズマクラスター7000」空中浄化&フィルター浄化

●【加湿空気清浄風量(m³/分)】 違う
「KC-30T3」よりも「KC-A50」のほうがパワフル(「中」設定時)

●【サイズ・質量】 違う
「KC-A50」よりも「KC-30T3」のほうが小さくて軽い

●【価格】 違う 
「KC-A50」よりも「KC-30T3」のほうが安い
※トーカ堂モデル「KC-30T3」: 14,800 円
※市販モデル「KC-A50」:19,790円 ~(楽天最安値)

●【加湿なし空気清浄風量(m³/分)】 違う
「KC-30T3」よりもKC-A50」のほうがパワフル(「強」だと2倍近くパワーが違う)

●【運転音】 違う
「KC-30T3」よりも「KC-A50」のほうが静か

●【加湿量】 違う
「KC-30T3」よりも「KC-A50」のほうが多い

●【フィルター】 違う
「KC-30T3」よりも「KC-A50」のほうが高機能
※トーカ堂「KC-30T3」は、集じん脱臭の交換目安が2年。加湿フィルターの交換目安が5年。
※※市販モデル「KC-A50」は10年交換不要の「高機能HEPAフィルター」を使用

トーカ堂「KC-30T3」と市販「KC-A50」どっちがいい?

価格で選ぶなら「トーカ堂オリジナル【KC-30T3】」

性能で選ぶなら「市販モデル【KC-A50】」

です。
トーカ堂のオリジナルモデルは安くて良いモノですが、2~5年でフィルター交換が必要になります。
その他、全体的に性能が高いのが市販モデルの「KC-A50」なので、今後、フィルター交換費用が別途かかることを考えると、「KC-A50」の方が買いです!

ただし、「空気清浄機は使い捨て!」「新しい機種が発売されるまでのつなぎ」という人には、トーカ堂モデルはコスパ面でお得だと思います。

【関連モデル記事:シャープ空気清浄機】NEW!
▶ シャープ加湿空気清浄機【KC-B50】2012年モデル

当サイトおすすめ記事

aircleaner_2014ranking_s
【決定版】2014年に売れたおすすめ加湿空気清浄機ランキングTOP10

kukiseijyoki2015small_s
【コンパクトサイズ】一人暮らしや子供部屋におすすめ☆空気清浄機ランキング2015

kafunsyotaisaku2015_s
花粉症対策にはコレ!2015年のおすすめ加湿空気清浄機

kashitsuwater_s
加湿水の除菌について各社比較してみました!│加湿空気清浄機Q&A

kc30t4_s
2015年最新│トーカ堂の加湿空気清浄機「KC30-T4」をすすめない理由

japanet2015_s
2015年情報│ジャパネットたかたの加湿空気清浄機は買い?それとも失敗!?

【当サイトの人気記事】
トーカ堂で紹介されてる空気清浄機「シャープKC-30T3」は買っちゃダメ?
【空気清浄機選び】│加湿機能付きおすすめ人気機種(メーカー別に比較)
【ダイキン空気清浄機】型番(機種名)「ACK」・「TCK」・「MCK」の違い
ダイキン加湿空気清浄機【MCK70P(ACK70P/TCK70P)】│効果おすすめ
トーカ堂オリジナル【シャープ加湿空気清浄機「KC-30T3」】価格と比較
2013年に売れた空気清浄機!おすすめの加湿空気清浄機人気ランキング
【シャープ空気清浄機】「FU-B51」と「FU-D51」の違い│効果の比較

コメントを残す