ダイキン加湿空気清浄機【ACK55N(MCK55N)】2012モデル│価格・効果・55P比較

2012年9月の発売以来、価格コムや楽天でずっと人気のある
ダイキン加湿空気清浄機【ACK55N】コンパクトタイプ(~25畳)

このページでは、ACK55Nの基本情報や口コミ、MCK55N/ACK55Pとの違い、おトクな購入方法等をまとめました。

価格(最安値)や他機種との比較、効果、PM2.5対策など参考にしてください。

ダイキン│加湿空気清浄機【ACK55N│コンパクトタイプ】(2012発売)基本スペック

寝室やリビングにぴったりの空気清浄機(コンパクトタイプ:~25畳)の「2012年発売モデル」です。
(※最新モデルは2013年発売の『ACK55P』です。)


楽天最安値!ダイキン加湿空気清浄機【ACK55N│コンパクトタイプ】2012年モデル

機能 光速ストリーマ、アクティブプラズマイオン、加湿機能、花粉モード
カラー バニラホワイト、ココアブラウン、ストロベリーピンク
同モデル機種 MCK55N(大型家電量販店モデル)

  そもそもダイキンの「ACK」「TCK」「MCK」の違いって何?

イラストACK、TCK、MCKの違いについてダイキンに聞いてみた!

ダイキンの空気清浄機の機種名についている、「ACK」「TCK」「MCK」ですが、この違いってご存じですか?
機種名が違うってことは機能も違うの?と思って、ダイキンのサービスセンターに直接確認した回答をご紹介します♪

「A・M・Tと違いが会っても、空気清浄機の機能は同じです。」

「ただし、大型家電量販店がオリジナルの機能を付ける場合もあるので、わからないときは確認してください」

頭に「A」が付いている商品(ACK70Nや、ACK55Nなど)は
⇒「ぴちょんくんのお店」等で取り扱われているダイキン代理店モデル

頭に「M」が付いている商品(MCK70Mや、MCK55Pなど)は
⇒各量販店で取り扱われている大型家電量販店モデル

頭に「T」が付いている商品(TCK70Mや、TCK55Pなど)は
⇒通販で取り扱われている通販モデル

となります。価格コムやアマゾンに全機種が掲載されていることがありますが、それぞれの流通ルートで入手した機種を売っているんですね!AだのTだのMだの、わかりにくく表記してあるのは、「流通ルートが違うので機種名を変えている」というメーカー側の都合ですねw

 このサイトでは、各機種を全力でチェックして一番おトクな空気清浄機モデルをご紹介します!!

【2012年モデル55N】はACKとMCKのどっちが安いの??

ダイキン代理店モデル「ACK55N」と大型家電量販店モデル「MCK55N」は同じ機能ですが、ACK55Nのほうが楽天市場での取り扱いが多く、価格も安い傾向があるので「ACK55N」購入をおすすめします。

楽天最安値!ダイキン加湿空気清浄機【ACK55N】2012年モデル(MCK55Nと同等品)

価格コム&楽天の空気清浄機ランキング1位 「ダイキンACK55N」

2012年発売から1年以上の型落ちモデルにもかかわらず、 コンパクトサイズとして優秀な高機能スペックとコスパの高さで人気No1

イラストどうしてACK55Nがこんなに人気なの?

【サイズ】
人の集まるリビングはもちろん、寝室や子ども部屋など静かな場所にもピッタリなコンパクトサイズ。

【パワフルな吸引力】
左右だけでなく下にある吸い込み口から、床に溜まったハウスダストやホコリ、花粉などを効率よく吸引します。ペットを飼っているご家庭や、床をハイハイする赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭には、特におすすめのポイントです。

【どんなニオイも強力脱臭】
脱臭能力もピカ一!タバコの臭い、生ごみ、ペット、料理、トイレ、カビの臭いも協力に脱臭してくるのはダイキンだから。
嫌なニオイをフィルター(10年間のお手入れ・交換不要)に吸着させて、ダイキン独自のストリーマ技術で分解。吸着能力が再生するので脱臭能力が持続します。【分解】⇒【再生】⇒【吸着】

【使いやすい&押しやすい操作パネル】
あまり注目されないけれど、毎日使う場所だから重要ポイントになってくるのが「操作部パネル」の使いやすさ。口コミでも多いのが、「ダイキン空気清浄機のパネルは大きくて見やすい」「ボタンがわかりやすいので押し間違いがない」という声。他メーカーと比べても、使いやすさ満足度No1です。

イラスト★ダイキン加湿空気清浄機『ACK55N』のユーザー口コミ★

・寝室用に利用、音はまったく気にならない程に静か。熟睡できてます。
・使い方は至ってシンプル。どの年代にも使いやすいと思いますよ。
・猫を飼ってますが、猫の毛が浮遊しているのが減って、床に落ちている猫の毛が確実に少なりました。
・型落ちながらW方式やプラズマクラスターもあり、他社の上位レベルの性能が搭載されていてお得!大満足!

2012年モデル「ACK55N」と2013年モデル「ACK55P」の違いは?

 2012年モデルと2013年モデルの違いは?

 基本的な機能はほぼ同じですが、2013年モデルだけの新機能はこちら!

 『新・eco節電』で無駄を省いて節電!
2012年モデルも、2013年モデルも、1日の電気代めやす4.7円は同じです。が!!2013年モデルに新登場した『新・eco節電』モードを使えば1日の電気代はたったの2.7円!
『みはり運転モード』を使えば、空気の状態をチェックしムダを省いて節電できます。空気がキレイになったら主な機能を停止、空気の汚れを感知すると「しずか」or「弱」で自動運転。

 新機能『きれいサーキュレーター』で温度ムラを軽減!
温度センサーが室内の温度ムラを見張って、室内の空気を効率よく循環させることができるようになりました。加湿機能でお部屋全体にまんべんなくうるおいを届けることができます。

 0.1~2.5μmの粒子を99%除去
2013年モデルには「PM2.5への対応」が明記されています。2012年モデルには「PM2.5への対応」の記載なし。でも、どちらのタイプもPM2.5対応しています!

 大人カラー「ミッドナイトブルー」「ディープブラウン」が新登場!
深みのある大人カラーが新登場!濃青の「ミッドナイトブルー」とシックな「ディープブラウン」は、どちらも大人な雰囲気が漂う隠れ人気色!男性のひとり暮らしや、書斎などにもピッタリ。

※55Nの2013年発売「55P」シリーズは、ダイキン代理店モデルの「ACK55P」よりも、通販モデル「TCK55P」のほうが安く発売されているので、TCK55Pの購入をおすすめします!(2014年2月時点)
イラスト

【ACK55NのNEWタイプ!2013年最新モデル『TCK55P(ACK55Nと同機能)』はこちら】

↓  ↓  ↓


送料込みダイキン加湿空気清浄機(PM2.5対応)【TCK55P│コンパクトサイズ】2013年

 ★ダイキンの加湿空気清浄機をおすすめする理由★

  • 加湿する水をキレイに保つ「水除菌&加湿フィルター除菌」
  • 加湿用の水やフィルターにカビが付くのはご存知ですか?カビが付いたまま使用していると、カビの胞子を空気中に放出してしまい、体調不良になる場合もあります。でも、ダイキンの空気清浄機なら大丈夫!加湿用の水や加湿フィルターを除菌する特殊な機能が付いているのはダイキンだけ!

  • 電子を発生させて除去する「電気集塵方法」(静電気を利用)を使用 
  • プラスに帯電させたカビやダニ、花粉などのアレル物質を、帯電した高性能フィルターでしっかり吸着!
    ※注)ハイグレードタイプのみの機能。コンパクトサイズには搭載されていません。

  • 10年間交換不要「高性能フィルター」搭載
  • 10年交換不要の高性能フィルターを使用!静電気を利用した電気集塵方式と併用することで、他社よりもフィルターの目詰りもしにくいです。

  • 有害物質を吸い込み、高濃度イオンが飛び出す「ダブル方式」採用
  • 「ストリーマ放電」から発生した電子が、空気中の酸素や窒素と合体!⇒強力な酸化分解力を持った活性種に変化⇒カビやダニ、花粉等のアレル物質やホルムアルデヒド等の有害物質を除去!
    「プラズマ放電」でイオンを空気中に放出⇒空気中の成分と合体して酸化力の強い活性種になる⇒カビ菌や荒れる物質の表面に付着⇒空気中でたんぱく質を酸化分解する!

コメントを残す